睨んでないのに

一重で細目で切れ長、いつも冷ややかな目だとか睨んでいるとか言われます。幼少期から大仏系の顔で拝みたくなると言われたり、ハニワに似ているとか、結構な内容のことも言われました。幸い、自身があまり容姿を気にしていませんでしたので、からかい程度で済んでいたのですが、成人に近づくにつれ、目を見開くように物を見る癖が付き、このことで一重なのに目が大きくて怖い、凄い剣幕で睨んでいるとか言われるようになってしまいました。

性格的にあまり怒ったりすることもなく穏やかな方で、親しい人たちには理解されていましたが、ちょっと距離があるお付き合いの人たちには、冷たい人と言われたり、いつも睨んでいると誤解されていました。

一重で困ったのは女子高生活です。女子高はそれはもう先輩方から目を付けられると呼び出されたりとかもありました。私の場合、睨んでないのに目つきが悪いとか、具合が悪く表情が硬いだけなのに、何か文句あるの?といったように何かにつけて声を掛けられ、面倒でした。そういったこともあり、親しい人たち以外の人たちとの交流はほとんどなく、成人後社会人となりました。

肌が弱いこともあり、当時流行っていた二重にするアイテム等も使えず、ただひたすら一重で、皺が増えて二重になった母を羨ましく思ったこともありました。現代ではアイメイクがとにかく手が込んでいて、本来一重の人も見分けがつかないくらいですが、相変わらず肌も弱いしで未だに二重にするアイテムも使いません。

結婚後も夫によく睨んでない?と聞かれることもあり、出来るだけ笑ったような表情を作るようには心がけていますが、結構疲れます。一体いつから二重が可愛いとか、一重を気にする時代になったのでしょう?誰が言い始めたことなのか教えて欲しいくらいです。

一重なだけで何だか損をするような体験が多く、二重だったら違う人生もあったのかなと思うこともあります。でも最終的には、いつもニコニコしてなかった自分が誤解を招いていたのかもしれませんが、具合が悪い時にニコニコはしないですよね?本当に、睨んでないんです。ただ、大仏様のような綺麗な一重なだけなんです。そんな一重に地味に悩んでいる私ですが、寝ている間に二重にできるジェルがあるということを知りました【二重矯正 夜
肌が弱い私に合うのかはわかりませんが、一度試してみようと思います。